イベント報告

2017年12月 4日 (月)

イベント報告: 11/25 カラオケ店舗歌合戦in上野

201712021353350001

2017年11月25日(土)に上野恩賜公園の野外ステージ(水上音楽堂)にて、「カラオケ店舗歌合戦in上野」が開催され、田山ひろしさんがゲスト出演しました。

201712021352260001_1

店舗歌合戦では、9組のグループが参加し、演歌あり、歌謡曲あり、踊りありで、それぞれに熱唱・熱演していました。

E8f38636b4e34e0d927f8dc39a7063f2c_2

会場では、チャップリンに扮したアシスタントのプッチャリンさんが、おどけた動作と声援で盛り上げていました。

C989e51ba3ea4238b0d20f475a79121ccol

プロ歌手の参加は、ゲストの7人に加えて、スペシャルゲストとして、諏訪しおりさん、田山ひろしさん、北岡ひろしさんの3名で、合計10名でした。

302326884678447c9d2c48540de79494col

スペシャルゲストの田山ひろしさんは、新曲「俺に聞くなよ」の衣装で登場し、「夜桜海峡」「罪の海」「俺に聞くなよ」を熱唱してくれました。

201712021352560001

Eff61b1d3d6d4a1c80fa2340f74e8b0bcol Fb4e297c8d6d4c969e4bb3d1fcd5a9b4col

田山ひろし後援会の人たちは、いつものように揃いの半纏を着用して、ペンライトや団扇を振って、熱く応援していました。この時ばかりは、寒さも吹き飛ばす勢いで声援を送っていました。

E59356d2df7d444d8ed2a28198116c69col

E45207e5790d4541803a7347bcabc21fcol

向寒の中、熱気あふれる「カラオケ店舗歌合戦in上野」でした。

201712021352560010

尚、当時の様子は、月刊「シンガープロ」さんのブログ(参加者の集合写真があります)にも掲載されていますので、ご興味のある方はご参照下さい。

2017年11月 4日 (土)

イベント報告: 10/29 第29回中野まつり

2017年10月29日(金)に、中野区民ホールにて、第29回中野まつりカラオケ大会が開催され、田山ひろしさんがゲスト出演しました。


201711021349220001

発表の部、コンテスト、友情歌唱、プロ歌手などのコーナーがあり、スペシャルゲストは、田山ひろしさん、リンダ・コランソンさん、りんともシスターズさんでした。

01collage

01collage_2

発表の部も、コンテストの部も皆さん元気に歌唱力を発揮していました。

コンテストの審査委員は星桂三先生、下北龍一先生、佐藤玄祥先生でした。

20171102134922001901collage_3

スペシャルゲストのコーナーでは、りんともシスターズさんが姉妹デュオの先輩格のザ・ピーナッツのメドレーやカバー曲の「情熱の砂漠」等4曲を披露してくれました。

201711021349220005

リンダ・コランソンさんは、持ち歌の「猫のファド~あしたも生きるあさっても~」や新曲の「たそがれ」そして美空ひばりさんの「みだれ髪」の一節(ワンコーラス)など等5曲を熱唱してくれました。

田山ひろしさんは、「夜桜海峡」「罪の海」「俺に聞くなよ」の持ち歌と、小田純平先生作曲で椿欣也さんの「縁のリボン」の4曲を熱唱してくれました。新曲の「俺に聞くなよ」のカップリングの「罪の海」はカラオケDAMに6617-22で配信されたそうです(公式でによれば10/31配信)。

Collage

大会には、歌手の花京院しのぶさんも応援に駆けつけてくれました。

201711021349220017

芸術の秋に相応しい、恒例の中野まつりカラオケ大会でした。

2017年9月20日 (水)

イベント報告:9/9 第20回東京歌謡連合音楽祭

掲載が遅くなり申し訳ありません。





2017年9月9日(土)に、清瀬けやきホールにて「第20回東京歌謡連合音楽祭」が開催され、田山ひろしさんがゲスト出演しました。



Img_0516_smaill





20回の節目となる東京歌謡連合音楽祭ですが、志賀大介先生を審査委員長とした「シルバー部門」「ゴールド部門」のカラオケ審査を中心に、一般参加者による「発表部門」や「友情出演」(6名)「指導者部門」(4名)などの発表もあり、プロ歌手の方も12名参加してそのうち三田ひろしさん、谷ちえ子さん、田山ひろしさん、榊原秀子さんがメインゲストとして出演しました。



201709181635170013



審査部門の方も、発表部門の方も皆さん生き生きとした表情で堂々と舞台の上で歌唱されていました。それに応えるように観客席の皆様も熱心に聴いておられました。



Collage



Collage_2



Collage_3





メインゲストの田山ひろしさんは、7月に発表されたばかりの新曲の「俺に聞くなよ」と「夜桜海峡」を熱唱してくれました。どちらも審査委員長の志賀大介先生の作詞で、田山さんも恩師としての志賀大介先生のことにふれていました。「夜桜海峡」では、佐々木貴子さんの大変すばらしい踊りも披露してくれました。「夜桜海峡」に新日本舞踊小桜流の方が踊りを振り付けて下さったのがご縁で、昨年8月にカナダのトロントでの発表会に参加したことなども話していました。



Collage_4



最後に、審査発表がありました。審査委員は、作詞家の志賀大介先生、作曲家の宮下健治先生、作詞家の樋口義高先生でした。



最初に、東京歌謡連合会の山本菊江会長から、20回にわたる「東京歌謡連合音楽祭」に連続20回出場した方々3名の表彰がありました。



講評として3名の審査委員の先生方から歌唱の注意点など話がありました。



そして審査結果の発表で、シルバー部門26名、ゴールド部門24名の入賞者の発表があり、優秀な歌唱に対して表彰がありました。



Collage_5



最後に「歌の手帖」に「第20回東京歌謡連合音楽祭」に掲載するということで写真撮影がありました。入賞された方々や審査委員の先生方等皆さん笑顔で集合写真の撮影に応じていました。





総勢約210組の方々が参加して、20回という歴史を感じさせる素晴らしい音楽祭でした。



Collage_6


2017年7月24日 (月)

イベント報告: 7/15 第13回七夕歌謡祭

2017年7月15日(土)に、野方区民ホールWIZにて、「カラオケフレンズ 七夕会」が主催する「第13回 七夕歌謡祭」が開催され、田山ひろしさんがゲスト出演しました。

01

この日は暑い一日となりましたが、待ちに待ったお祭りに暑さに負けずに集まってくれました。

「七夕歌謡祭」は例年のように、一般参加者による歌唱の部の他、講師・協賛関係者や、プロ歌手などのコーナーがあり、今年は142組の方々の歌唱が行われた大きな歌謡祭です。

それぞれに、この日を楽しみにしていた皆さんが、暑さにもめげず自慢の喉を披露してくれました。田山ひろしさんの持ち歌を歌うかたも何人かいらして、早くも新曲「俺に聞くなよ」を歌ってくれた方もいらっしゃいました。また、衣装もばっちりとキメて、中には小田純平先生のスタイルで歌わるかたもいらっしゃいました。

一般歌唱の部では男女色々な組み合わせのデュエトも何組かありました。中でも男性と女性のデュエトでの「麦畑」は、演技もスタイルも特に目立って、笑いをとっていました。

Img_0008

Img_0013 Img_0014

初めて「七夕歌謡祭」に参加されたある方は、あがらず、気分良く歌えましたと感想を述べてくれました。

スペシャルゲストは、幸治さんとチャン・ミラさん、田山ひろしさんでした。

幸治さんは「忘れないで」「ダイアナ」など3曲を熱唱してくれました。

チャン・ミラさんは「レイン・レイン~雨のアルペジオ~」など3曲を披露してくれました。

Img_0012

田山ひろしさん新曲の「罪の海」「俺に聞くなよ」そして「縁歌」の3曲を熱唱してくれました。

Img_0009

田山ひろしさんは、長年「七夕歌謡祭」のスタッフを務め、今年三月に永眠された「カラオケステージ 茶々」のマスターの中條博司さんのことにふれて、毎年ビデオカメラを設置して撮ってくれたのを鮮明に覚えていますと涙ぐんでいました。「縁歌」を幸治さんやしんま太井地先生や司会の高田美樹さんやスタッフの五十嵐光康さん鈴木雅雄さん、茶々のママと一緒に声高らかに歌っていました。

Img_0015

田山さんも幸治さんも茶々のマスターを思い出して涙ぐんでいました。茶々のママも感無量で、人の縁を歌った「縁歌」の歌詞もあいまって、こみあげるものがあったのでは無いかと思います。

Img_0011

毎年、暑い時期の「七夕歌謡祭」ですが、歌謡祭を裏で支えるスタッフの皆様にも思いを寄せつつ、今年も楽しく熱く盛り上がりました。

2017年7月15日 (土)

イベント報告: 7/5 春夏冬での新曲キャンペーン

掲載が遅くなり申し訳ありません。

2017年7月5日(水)に、待望の新曲「俺に聞くなよ」/「罪の海」が発売になりました。

201707071152310001

ポスターやジャケットの「俺に聞くなよ」の題字は小田純平先生によるものだそうです。「俺に聞くなよ」は作詞が志賀大介先生、作曲は小田純平先生、編曲が矢田部正先生です。詩は田山ひろしさん自身がモチーフになっているそうで、「人生」などと大上段に構えるのを「俺に聞くなよ」と躊躇いながらも、飾らずに訥々とこれまでの生き方を語っているような内容です。「罪の海」は作詞は伊藤美和先生、作曲は小田純平先生、編曲は矢田部正先生で、こちらは女ごごろを歌った、すこしポップス調の素敵な曲になっています。

「俺に聞くなよ」は、既にカラオケに入っており、DAMでは「6501-99」JOYSOUNDでは「696454」UGAでは「28673」の曲番号で配信されています。「罪の海」の方はまだのようですので、歌いたい方は是非各カラオケ会社にリクエストしてみて下さい。

同じく7月5日(水)に新曲発売を記念して、保谷のカラオケ喫茶「歌唱のオアシス 春夏冬」で、新曲キャンペーンを行いました。

Img_0469_small

店内にはファンの方々が大勢詰めかけ、超満員となっていました。

12:00開始で、まずはお弁当を食べたあと、お客さんが一回り、歌を披露してくれました。田山ひろしさんの持ち歌を歌ってくれる人もたくさんいました。

01411b649979a3026d8d5649beb730c24c1

14:00から田山ひろしさんのコーナーとなり、田山さんは、早速新曲の「俺に聞くなよ」「罪の海」を紹介したあと、「海竜」「運命道」「おとこの春」「旅の雨」「縁歌」「止まり木挽歌」「夜桜海峡」「親父の故郷」と持ち歌を歌いました。「おとこの春」では皆さん揃って手拍子で応援し、「縁歌」では最後の田山さんの「どうでしたか」に応えて「お上手!」との掛け声などで、応援していました。

そしてテ・ジナさんの「すまない」、持ち歌の「津軽のばんば」小田純平さんの「男の景色」を、最後にもう一度「俺に聞くなよ」熱唱してくれました。

01af9ceda4c50be94a37b103c2e3bf684e2 0144887535c106e2aca7fe7dc2b30e21072

飾らず和気藹々とした、楽しい新曲キャンペーンでした。

2017年6月19日 (月)

イベント報告:6/10 歌クラブふれ愛発表会

2017年6月10日(土)に「第15回 歌クラブふれ愛発表会が西東京市民会館に開催され、田山ひろしさんがゲスト出演しました。

290610_120024_2

201706151317370001

発表会は、一般歌唱、友情出演や、プロ歌手や歌謡教室講師によるゲストコーナなど総勢165組が出演しました。皆さん元気に楽しげに歌ってくれました。

02collage

01collage

01collage_2

メインゲストは、栗山雄路さん、榊原秀子さん、田山ひろしさんでした。

01collage_3

田山ひろしさんは「津軽のばんば」「俺に聞くなよ」を2曲を熱唱してくれました。ご存知のように「俺に聞くなよ」は7月5日発売予定の新曲です。「今迄の曲とまた違って良い歌ですね」との声も聞かれていました。

01collage_4

02collage_2

165組の歌唱が終了したあとは、楽しい抽選会でもりあがりました。当たっても残念ながら既に帰られていた方もありましたが、当たった方の嬉しそうな歓声があがっていました。

201706151317370030

ゆったりのびのびと歌唱を楽しんだ「第15回 歌クラブふれ愛発表会」でした。

201706151317370032

2017年6月12日 (月)

イベント報告:6/4 葛飾菖蒲まつり

2017年6月4日に「第36回 葛飾菖蒲まつり」が開催され、歌謡ステージのコーナにて田山ひろしさんが出演しました。

29omote2

02collage

葛飾菖蒲まつりは、今年は5月30日から6月18日までで、例年どうり堀切菖蒲園と水元公園の2か所で開催され、「民謡パレード&踊り」や「カラオケ&演芸大会」、地域の愛好家による新舞踊やベリーダンス、ヨサコイ、フラメンコ、大学サークルによるコーラスや楽器演奏などなど様々な催しが行われていました。

201706081334090021

もちろん主役の菖蒲もいろいろな色や種類の菖蒲が公園のそこここに咲き乱れていました。

Collage_2

田山ひろしさんの出演する歌謡ステージは4日の水元公園で水沢清人さん、麻生ちぐささんも出演して行われました。

201706081334090019

田山ひろしさんは「おとこの春」「津軽のばんば」「縁歌」「罪の海」「俺に聞くなよ」の5曲を熱唱してくれました。

新曲の「俺に聞くなよ」は7月5日に発売が予定されています。カップリングが「罪の海」です。

01collage_2

02bcollage

歌いながらステージを降りてお客さんに握手をしてまわっていました。客席からは「歌が上手だね!」「いい男だね!」などの声が掛かっていました。

ファンの方々は、いつもの緑はっぴを着用して団扇を振りながら応援していました。

03bcollage

04collage

01collage_3

02_collage

暑い日でしたが程よい風もあり、出店も多くたくさんの人が集まるなか、屋外での開放的な葛飾菖蒲まつりの歌謡ステージでした。

201706081334090023

2017年6月 1日 (木)

イベント報告: 5/20 北岡ひろし江戸川 歌と舞踊の祭典

掲載が遅くなり申し訳ありません。

2017年5月20日(土)に、江戸川区総合文化センター小ホールにて、「第4回 北岡ひろし 江戸川 歌と舞踊の祭典」が開催され、田山ひろしさんがゲスト出演しました。

0001

201705261338130001

昨年同様、イベントは一般参加者の歌唱からなる「歌と舞踊の祭典」とゲストコーナー、そして、北岡ひろしコンサートの3部からなっていました。

第1部は34組の方が歌唱や舞踏を披露してくれました。

第2部がゲストコーナーで田山ひろしさんのほか、保里譲二さん、羽山みずきさん、杉本和也さん、八田陽介さんが歌唱を披露してくれました。

Collage01

田山ひろしさんは「津軽のばんば」「止まり木挽歌」そして7月5日発売の新曲の「俺に聞くなよ」を熱唱してくれました。ファンの方々は緑のはっぴでペンライトを振りながら賑やかに応援していました。

201705261338130003 201705261338130004 201705261338130005

第3部は「北岡ひろしコンサート」で、安西創さんのアコーディオンに、筑紫霞弥さん芳柳

扇寿さんの日本舞踊を従えて、北岡ひろしさんは、最初に「ヨイトマケの唄」「忘れな草をあなたに」「雪の降る町を」の3曲を歌ってくれました。

そして、「寂しいっしょ」「情炎」「無情(ゆめ)のゆめ」「夜明けのうた」「ラスト・ダンスは私に」「おんな雪」「雨の鶴岡」の7曲を披露してくれました。

Collage001

201705261338130015

今年も北岡ひろしさんの出身地の山形県鶴岡市の鶴岡市観光連盟の方もいらして「米の娘ぶた」のゆるキャラマスコットもステージに登場し、会場では関連商品の販売も行っていました。

Collage01_2

201705261338130002

Collage01_3

歌あり踊りあり笑いありの優雅で楽しく素晴らしい、北岡ひろしさんの歌と舞踊の祭典でした。

Collage01_4

2017年5月 3日 (水)

イベント報告: 4/17 スプリングディナーショー 角川博と夢のひと時を

更新が大変遅くなり申し訳ありません。

2017年4月17日(月)ローズホテル横浜にて、「スプリングディナーショー 角川博と夢のひと時を」が開催され、田山ひろしさんがゲスト出演しました。

201704201610460001

約300名のお客さんが集まり、12時から各テーブルにおいしい中華料理がならび開演となりました。

01collage

13時からはゲストの歌手のショーが始まりました。浅葉和行さんの司会のもとで、田山ひろしさんのほか、美鈴すずかさん、藤まさるさん、大沢あすかさん、北村淳さん、TOMOさん、マイク河原さん、福田良枝さん、浜ゆたかさんがそれぞれの歌を披露してくれました。

01collage_2

「敏いとうとハッピー&ブルー」でサイドボーカルをしていた浜ゆたかさんの時には、ファンの方々が壁側で楽しそうに踊っていましたし、福田良枝の時にもステージ下で十数人が踊っていたりと自由で楽し気な雰囲気がありました。

02collage

田山ひろしさんは、ファンの方々のテーブルを回りながら、時には握手もして、「海竜」と「津軽のばんば」の2曲を熱唱してくれました。トークの中では、新曲情報も。現在のところ7月上旬にCD販売される見込みとのことでした。

01collage_3

03collage

メインの角川博さんにつきましては、写真撮影・録音は禁止となっており写真は撮影できませんでしたが、今年は歌手生活42年目だそうで、レーモンド松屋さん作詞作曲の「広島 ストーリー」、岡千秋さん作詞の「夜泣き鳥」と「雨の函館」と持ち歌3曲からのスタートでした。そして、郷ひろみさんの「お嫁さん」を、モノマネで、郷ひろみさん、美空ひばりさん、森進一さん、五木ひろしさん、前川清さん、志村けんさん、小林旭さんなどと演じ分けて楽しく聴かせてくれました。

その後、持ち歌にもどって「女のきもち」「伊豆の雨」、そしてデビュー40周年記念で五木ひろしさんが作曲・プロディースを手掛けた「蒼い糸」を熱唱してくれました。

ラストは4月26日に発売したばかりの新曲「おんなの灯り」を披露してくれました。

03collage_2

素敵な歌に加えて、楽しいトークや踊りまで、アットホームで中身も濃く、たっぷり楽しめたディナーショーでした。

2017年4月19日 (水)

イベント報告:4/10 二人のひろしショー

掲載が遅くなり申し訳ありません。

2017年4月10日(月)に池袋のカラオケ「純」にて、美樹ミュージック企画主催の美樹ミュージック『歌の祭典』の24回目として、田山ひろしさんと三田ひろしさんによる「二人のひろしショー」が開催されました。

201704131256400004_2

田山ひろしさんと三田ひろしさんを主役として、7人の応援歌手の方を含め50名ほどの人が集まりました。

11時30分にランチがスタートし、12時からオープニングで三田ひろしさんと田山ひろしさんが登場し、挨拶代わりに「夢空港」と「おとこの春」をそれぞれ歌ってくれました。その後、三田ひろしさんが3曲、そして田山ひろしさんが沢田研二さんの「時の過ぎゆくままに」柳ジョージさんの「For Your Love」小田純平さんの「愛しき我が人生」の3曲を歌ってくれました。

201704131256400002

その後、お客さんや応援歌手の皆さんや友情歌唱など参加した方々の歌唱のコーナーがありました。

Collage01_collage

主役の三田ひろしさんおよび田山ひろしさんとのデュエットコーナーもあり、笑いもあり楽しいひとときでした。

01collage

途中、当後援会の会長の山本さんの挨拶もありました。

Collage_2

二人のひろしショーの後半では、三田ひろしさんが「祭り」「ふたりの終着駅」「夢空港」「ありがとう…感謝」を唄ってくれました。田山ひろしさんは「縁歌」「夜桜海峡」「海竜」「津軽のばんば」の4曲を熱唱してくれました。2曲目の「夜桜海峡」の後に、もうすぐ発表する新曲の「俺に聞くなよ」と「罪の海」の一節をアカペラで紹介してくれました。期待どおりに素晴らしい曲でした。

Collage_3

エンディングでは主役の二人のひろしさんと応援歌手の皆様が「愛をありがとう」の合唱で盛り上げてくれました。会場の皆様も一緒に、ひとつになって歌唱して最後を飾りました。

01collage_2

二人のひろしさんが、素晴らしい歌唱を披露してくれるとともに、一般歌唱の時も皆様の歌唱を温かく見守ってくれていて、楽しい和やかなひとときでした。

01collage_3

より以前の記事一覧